Zion Training Camp supported by UPSET(沖縄県立前原高校にて開催) – UPSETブログ

【Zion Training Camp supported by UPSET】
S__6717538.jpg
7/1(金) 、7/2(土) の2日間、沖縄県立前原高校(沖縄県うるま市田場、を舞台とし、Zion
Training Camp supported by UPSETが開催されました。
これは、毎年、夏・冬とで、バスケットボールを通じた国際交流を目的とし、高体連に所属す
る部活動チームと、インターナショナルスクールチームとの交流戦を開催し続けてきたZion
Christian Academy International Schoolバスケットボール部の照屋コーチの新しい取り組
みです。
 「専門家の指導下でトレーニングをすることで、怪我の予防・競技力の向上・生涯に
わたっての健康維持のための基礎知識を学ぶとともに、日米の選手で共にトレーニ
ングをする事でのさらなる交流の促進」という構想と、「(関東での様々な経験を経て)
地元の沖縄でもトレーナー活動を通じて選手の競技力向上に貢献していきたい」という
島袋彩乃トレーナー(Peak Performers沖縄支部)との理念が合致して開催された企画
となります。
(参考)
製作チームの活動紹介-Peak Performers
Basketball ”En” College Spring Camp 2016
▼トレーナーと、主催者のマッチングを通じて協力
イベント開催概要にも記載しましたが、弊社は、Tamagawa Training Camp supported by
UPSET(主催者:株式会社PHYSIOFLEX代表取締役 井上涼上馬)や、Basketball "En" College
などの活動を通じた島袋トレーナーとの交流を通じ、理念に賛同してくれるトレーナーを探していた
照屋さんとの連携構築に協力させて頂きました。
当日は、沖縄県浦添市に「学園通り整骨院」より真栄城院長にもご協力を頂き、前原高校、Zion
Christian Academy International Schoolの選手、総勢約50人にて、2日間、『自分の身体を知る』、
『(競技力向上の為に)何が必要なのかを考え、自分の身体に興味を持つことで毎日の変化に気付く
力』、『ケガがひどくなる前に何ができるのか(整骨院などでの治療の意義)などを伝えること』などを念
頭に、怪我予防のためのセクション、競技力向上のためのセクションなど、様々なアプローチから、高
校生世代の選手へのカリキュラムが組まれました。
▼可動域のチェック、怪我のリスクを軽減
ztc444.jpg
一般的に、身体的な能力に優れていると思われる米国の選手ですが、全ての選手が優れているわけ
ではなく、可動域の制限や正しい運動習慣の欠如で怪我のリスクを抱えている選手も多くいたようです。
柔軟性をチェックするトレーニングでは、日本人選手と同様、股関節の稼働をチェックする動作では、(柔
軟性の向上の為に必要な範囲での)痛みに苦悶の表情を浮かべたり、日本選手の可動域の広さに驚き
、感心する姿なども見受けられたようです。
▼日米選手がコンビとなり、コンタクト練習を実施。
ztc33.jpg
また、トレーニングと平行し、日米選手の交流を深めることも企画の意図でありました。各トレーニングの
デモンストレーションで日米の選手が交互に登場してお互いのコミュニケーションを図るとともに、フィジカ
ルコンタクトの練習でも、意図的に日米の選手を組ませ、積極的な交流を図りました。さらに、初日の最後
には両校の選手でピックアップゲームを実施。トレーニングで学んだことを実際のバスケットボールで生か
す時間も設け、トレーニングとバスケットボールの連動も実感しやすいようにプログラムすると共に、コート
で共にプレーすることを通じた交流を図りました。
主催者である照屋さん(Zion Christian Academy International School、UNITEリーグ事務局も兼任)コメント
「今回のZion Training Campはとても良い経験になりました。自分の体を知るというテーマでいろいろスト
レッチを教わり、コアトレーニング、体を使いパワーの出し方、コンタクトを貰いながらシュートに行くスキル
など、奥の深い講習でした。とても勉強になりました。」
さっそく、7/23(土)にはZion Christian Academy International School主催でSummer Tournamentが企画
されています。今回のトレーニングで学んだことをバスケットに生かして貰うとともに、2016-17年シーズンの日
米両選手の競技活動の充実と、さらなる交流の活性化を通じて、より豊かな人世を送って頂く事を願ってやみま
せん。
次回以降、本企画を実施する際には、弊社内でも告知します。ご興味のある方は、ぜひ、お問い合わせください。
また、今回の講師を務めました島袋トレーナーに関するお問い合わせ、トレーニング指導の依頼などがあれば、
弊社を通じてご紹介します。
S__6717534 - コピー.jpg
写真 2016-07-04 10 02 39.jpg
写真 2016-07-04 10 02 45.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■講師プロフィール
・Peak Performers沖縄支部
島袋彩乃トレーナー
・2010-2013 琉球ゴールデンキングス トレーナーインターン
・2014-2016 わらびfit整骨院 柔道整復師
・2014-2016 国立スポーツ科学センター トレーニング指導員非常勤指導員
・2014-2016 京華女子高等学校バスケットボール部トレーナー
・2015-2016 日本オリンピック委員会 医科学スタッフ ウエイトリフティング
※無形文化財保持者である祖母について幼い頃から続けてきた琉球舞踊を沖縄の伝統として受け継いでいくた
め、沖縄に帰り伝統芸能の普及活動をしながら、沖縄の競技力向上のためトレーナーとしても活動されています。
・真栄城院長
(学園通り整骨院 院長)
沖縄県浦添市伊祖3丁目4-11
問い合わせ先
株式会社アップセット内
担当 片岡秀一
kataoka@upset-emg.com
※トレーナー着用ウェア
フルオーダー昇華ポロシャツ
(UPSETでは、ポロシャツもフルオーダーメイド、昇華プリントで制作できます!XS-3XL 2950円~)