広島ドラゴンフライズ #36 仲摩匠平選手

【広島ドラゴンフライズ #36 仲摩匠平選手】

広島ドラゴンフライズ
#36 仲摩匠平

チームの発足と同時に生まれ故郷である広島を本拠地とする広島ドラゴンフライズに加入。「人の為に自分が犠牲になって、影の部分で気遣いが出来る選手」と佐古HCからの信頼も厚く、ディフェンスの要と共に副将としてチームを支えた。

約8分ほどの平均出場時間の中、着実に自分の役割を遂行する仕事人。20分以上の出時間を誇る試合も多く、試投数こそ多くないもの高確率の3Pシュートはチームの武器の一つとなった。

B1・2入れ替え戦の横浜ビー・コルセアーズ戦では、劣勢の状況を覆す期待を受けて途中出場。貴重な3Pシュートを沈め、追い上げムードを演出した。

<選手プロフィール>
広島ドラゴンフライズ
#36 仲摩匠平
1986年10月5日生まれ、183cm、75kg

呉市立両城中学校、広島市立美鈴が丘高等学校ー大阪産業大学を経て、大学卒業後には米国独立リーグ(IBL)にて武者修行、2010年に島根スサノオマジックに入団。12-13年シーズンは球団初の西地区3位、プレイオフ西地区準決勝進出に貢献。2014年シーズンより広島ドラゴンフライズに契約。持ち味であるディフェンス、そして、非常に若い選手が多い中で、中堅の選手、縁の下の力持ちとしてチームを支える存在。
「兄貴(仲摩純平)が東京のプロチームの選手で、自分が大学4年の時にbjリーグの試合観戦に行った。照明、音響の演出がきらびやかでワクワクして心躍るモノがありました。自分も、この舞台に立ちたい、プロバスケットボールプレイヤーになりたいと思った事がきっかけです。」

http://www.upset-emg.com/blog/2016/11/post-138.php
※フルオーダー昇華ゲームウェア、フルオーダー昇華ウィンドブレーカーなど(弊社にて制作)