岡崎修司選手(広島ドラゴンフライズ) フルオーダー昇華ウィンドブレーカー – UPSETブログ

【岡崎修司選手(広島ドラゴンフライズ) フルオーダー昇華ウィンドブレーカー】
弊社ウェアサプライヤーの広島ドラゴンフライズでは、フルオーダー昇華ウィンドブレーカー
も弊社にて制作。試合前のウォーミングアップや、各種野外でのイベントなどで着用されて
います。
弊社ウィンドブレーカーの特徴は、ゲームウェア、リバーシブルなどと同様に、フルオーダー
メイドでのデザイン制作が出来る事と(デザイン代金なし)、昇華プリント製法による高品質の
プリント技術です。
お値段は、フルオーダー昇華プリントという中では、非常にお求めやすい価格となっています。
御興味のある方は、ぜひ、弊社HPよりお問い合わせください。
フルオーダー昇華ウィンンドブレーカー商品ページ
 14632990_1310230379000736_4581075052805781620_n (1).jpg 14907068_1310230369000737_3810818069173131266_n.jpg <着用選手>
岡崎修司選手(広島ドラゴンフライズ)
広島市出身、1990年8月12日、SG
185cm・80kg
20161024_6277.jpg
経歴 / 戸坂ミニバス → 戸坂中学校 → 広島皆実高校(普通科)→ 広島大学(薬学部)→ 広島ドラゴンフライズ
広島皆実高校時代はインターハイでベスト16に輝き、広島大学時代は2012・13年と連続でインカレ出場。2012
年は専修大学に63-88(40分出場、11得点)、2013年は東海大学40-74(34分出場、12得点)とで敗退するも、
2桁得点をマークした。
広島大学バスケ部でのシーズンが終了後(薬学部は6年制なので、大学には在学中)、広島ドラゴンフライズの
トライアウトへ挑戦をし、見事に合格。これは、高校時代の同期である桝田 祐介(広島皆実高等学校-鹿屋体育
大学-京都ハンナリーズ-福島ファイヤーボンズ)がプロ選手になった事と、地元である広島にプロバスケットボー
ルチーム立ち上がった事により、少年時代からの夢の一つであった「プロバスケットボール選手になる事」が、
より身近な目標に変わった事の影響もあるといい、トライアウト前に積み重ねたトレーニングが実った形となった。
広島大学薬学部在学中にプロ契約を交わすケースは非常に珍しく、「文武両道」プロバスケットボール選手として
各種報道機関より注目を集めた。
B.LEAGUE初年度の今期は、9/24開幕戦の愛媛オレンジバイキングス戦で出場機会を得て、その後、10/29の
愛媛オレンジバイキングス戦で初得点。広島ドラゴンフライズが”UNITE WE STAND"のスローガンと共に、サポ
ーター番号として掲げる”6”の着用モデル選手にも選出されるなど、ブースターからの人気も高い選手である。メ
ディアからの取材も多く、文武両道のアスリートとして注目を集める存在。
ドラゴンフライズファンの皆様の背番号として「6」を設定する事のお知らせ