一般社団法人スポーツおきなわ Tamagawa Training Camp supported by UPSET

【一般社団法人スポーツおきなわ】

6/24(土)・25(日)に玉川大学を舞台に開催されるプロ選手合同トレーニングキャンプTamagawa Training Camp supported by UPSETは、主催団体 株式会社 PHYSIOFLEXの理念に賛同した様々な企業や団体のサポートによって成り立っています。弊社、株式会社アップセットも、特別協賛企業として本プロジェクトを応援しております。

 

Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETが6/24(土)・25(日)に開催されます

Tamagawa Training Camp supported by UPSETの協力団体の中より、スポーツ振興に特に精力的に取り組まれている団体の紹介です。

 

◇一般社団法人スポーツおきなわ The “Hardest” Work “only” Pays Off

 

Tamagawa Training Camp supported by UPSETは、東日本大震災の時に試合や練習ができずにいたプロ選手の現状を目の当たりにして、主催者の井上涼上馬氏がトレーニング環境をボランティアで用意した事が発端。同じようにトレーニング環境に悩み、指導を希望する選手が集まった事が、トレーニングキャンプ構想の始まりだ。

◇トレーニングキャンプ構想に全面的に賛同

井上氏が本格的にトレーニングキャンプ活動の準備や構想を進める際、「「機会に恵まれなかった選手に良い環境を提供したい」という理念に賛同し、快く協力を申し出てくれたのが、同じく沖縄県を故郷とする大城英稔トレーナーである。母校である玉川大学の協力を得ると共に、過去4年間、チーフトレーナーとしてカリキュラムの制作やトレーニング指導を行ってきた。大城氏をチーフトレーナーとするトレーナースタッフの充実はTamagawa Training Camp supported by UPSETの特徴の1つであり、過去、述べ50名近いプロ選手が指導を受けてきた。

◇アメリカでの数々の経験を国内に還元

大城氏は、玉川大学文学部教育学科健康コース卒業後、米国ウエストバージニア州マーシャル大学大学院へ留学。運動生理学専攻修了後は、マーシャル大学 Fitness Centerにて指導員、同大学Strength & Conditioning Coach、ウエストヴァージニア州 HIT CenterにてPersonal Trainer、マサチューセッツ州Mike Boyle Strength & Conditioning施設にてStrength & Conditioning Coachとして活動を重ね、ボストン大学Strength & Conditioning Coachにて活躍。帰国後は、琉球ゴールデンキングス(沖縄)にてStrength & Conditioning Coachとして活動。2008-2009 、2011-2012と BJリーグ優勝を達成した。

◇リオ五輪に帯同後、一般社団法人スポーツおきなわを設立

その後、活動拠点と東京に移し、独立行政法人国立スポーツ科学センター契約職員(トレーニング指導員)としてオリンピック選手の指導を続け、リオ五輪にも帯同。功績が評価され、第19回秩父宮記念スポーツ医科学賞でも表彰された。2016年、故郷である沖縄県を拠点に立ち上げた一般社団法人が「スポーツおきなわ」である。

人(People)、哲学(Philosophy)、文化(Cultrue)を大切に育て育むことで、皆が生きやすい社会を創造することを活動理念とする同法人では、沖縄県の人材育成及び、スポーツ関連産業振興を目的としている。スポーツ関連人材育成事業、スポーツ関連産業振興事業、スポーツ科学支援事業、スポーツ研究事業などを主たる事業として、自然に溢れた沖縄県ならではのスポーツ振興を念頭に、多岐に渡る事業を展開している、

今回、日程の都合で大城氏はTamagawa Training Camp supported by UPSETに参加は出来ないが、同団体のマネジメント 兼 メディカルスタッフ​であり、TTCでの経験も豊富な島袋彩乃氏を派遣。プロ選手にとって良質な2日間のキャンプとなるよう、当日までの期間を利用して、様々な形での準備を進めている。

一般社団法人スポーツおきなわの最新活動情報や、企画中のプロジェクトなど、同団体のFBページでは最新情報が発信されている。

一般社団法人すぽーつ沖縄
The “Hardest” Work “only” Pays Off
https://www.sportsokinawa.com/

 

<参考>
スポーツおきなわのHPより引用

■事業内容

1. スポーツ関連人材育成事業
スポーツ関連産業振興事業では、人材や資源を活かしスポーツ関連産業の発展に努めます。

2. スポーツ関連産業振興事業
スポーツ関連産業振興事業では、人材や資源を活かしスポーツ関連産業の発展に努めます。

3. スポーツ科学支援事業
スポーツ科学支援事業は、運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ心理学、スポーツ栄養学など、様々な領域の研究成果に基づき、あらゆる年代の体力レベルを評価・測定し、個々に応じたデータのフィードバックやアドバイスを提供することを目的としています。

4. スポーツ研究事業
スポーツ研究事業では、国内・外の研究者・研究機関と連携協力を図りながら、日本国内に留まらず、世界にスポーツ医科学に関する新たな知見を発信できる研究活動を行います。